【初心者】仮想通貨の副業について

   2022/03/06

副業を始めるなら最近は仮想通貨などが人気ですが、口コミでは「専門的な知識が必要…」「収益化まで数ヶ月はかかる」など。
しかも、暗号資産や詐欺的な相談は年々増えています。
そんな仮想通貨って実際どうなの?本当に稼げる?副業として成り立つのか、その中身をお届けしたいと思います!副業への不安を払拭しましょう。

まず、暗号資産(仮想通貨)取引は「資産運用」にあたるので、暗号資産(仮想通貨)投資は会社にバレても問題ないのです。
会社員だけどもう少しお小遣いを稼ぎたい…主婦だけど家庭と両立して収入を得たい…そんな人は思い切って暗号資産投資にチャレンジして副業を始めてみるのがオススメです。

賢い稼ぎ方をすれば、スマホ1台で月5万円ほど稼ぐことができます。
FXや仮想通貨などは、それらに比べると一気にお金が動く可能性を秘めています。リスクは大きくありますが、その分成功したときのリターンは大きくなります。
また、決済サービスとしての利用も一部で進み、商品やサービスの対価を仮想通貨で受け取る事業者も現れているんです。

そんな仮想通貨に関する消費者トラブルも少なくはありません。
例えば、ミスで他人のウォレットに入金されてしまった…仮想通貨交換業者は入金されたウォレットの所有者に返金するよう促したが返事がないなんてことも。

仮想通貨の詐欺被害に遭った場合、ケースによっては返金請求が可能なこともあります。投資詐欺は、投資を持ちかけられるものの、投資先や投資方法そのものが詐欺的なスキーム、といったものです。
投資したお金は返ってこないのが一般的なので、そんなことがあったらショックですね。そんな被害に遭ったときの対処法とは?
「危ないな」と思った時から警察に相談していたことがきっかけとなり、最終的に立件に向けて動いてもらえたというケースもあります。
相手先の入金口座が日本国内の金融機関の場合は、特に対処法として有効となります。
詐欺事件は弁護士を代理人に立てて、交渉・返金要求するのが最も適切な対処法と言えます。
仮想通貨投資詐欺は専門的な分野となるため、解決実績や知見のある弁護士にご依頼いただくのが重要です。
仮想通貨の副業は、危険な行動を避けて低額からチャレンジしてみるのがいいでしょう。
取引は24時間365日行うことができるので、いつでも副業をしたい時間にできるということです。取引時間に制限がないところが、副業としておすすめできる理由でもあります。SNS等をきっかけとした、暗号資産の詐欺や悪質商法にはご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket