安心して取引ができる海外FXの業者の探し方

   2021/10/21

海外の業者の特徴を知ろう

FXは2つの国の通貨の価格差を利用して稼ぐ方法ですが、業者は国内だけでなく海外もあります。
海外の業者はレバレッジが高く追証なしのゼロカットシステムを採用する傾向があり、少ない資金で一獲千金の夢を実現できることが特徴です。
国内の業者は価格変動で口座残高が不足すると追加証拠金を請求されますが、海外ではなく入金額以上の損失を回避できます。

しかし、実際には英語が使えなければトレードや問い合わせができないことや、金融ライセンスがなく無許可で営業するケースもあるため注意が必要です。
このため、初心者が副業として海外の業者を選ぶことはリスクが高く、ある程度の経験を積んでからするように考えないといけません。

また、無許可営業の業者は約定や出金を拒否されるリスクが高く、安易にメリットだけを信じて選ぶと詐欺の被害にあい無意味です。

どのようなポイントを比較すべきか

海外の業者を選ぶときは口コミや評判が良ければ良いわけでなく、トレードのスタイルに合わせて決める必要があります。
海外FXは国内よりもスプレッドが広くなり、取引コストが高くなるため短期売買をすると不利です。
しかし、ECN口座ではスプレッドが狭くなる代わりにボーナスが付与されないため、短期売買を繰り返すスタイルには取引コストを減らせます。

金融ライセンスはなければ不正行為をされるリスクがあり、近年では景気が安定しないため業者が倒産するリスクが高いです。
資金管理は信託保全であれば倒産しても戻ってきますが、義務化されていないため出金を拒否され続けてだまし取られるなどの詐欺が起きるリスクがあります。

安心してできる業者を探そう

海外FXは多くの業者がありますが、安心してトレードができるように決める必要があります。ボーナスキャンペーンは新規口座開設や入金でボーナスをもらえ、有効証拠金の一部として使うと少ない資金でもできて便利です。

しかし、詐欺の被害にあうと無意味になり、金融ライセンスがあるか確かめて選ばないといけません。
また、口座タイプを選ぶときはスプレッドが狭いとボーナスをもらえませんが、短期売買を繰り返すスタイルにはコストを減らせて便利です。

サポートの内容は日本語に対応しているとコミュニケーションをしやすく、メールや電話などで対応してもらえると安心できます。海外の業者は詐欺の被害にあうリスクもありますが、事前に調査をしてから決めるとスキマ時間に副業として稼げて便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket